ホメオスタシスの力を味方に付ける | KASAIの公式サイト

ホメオスタシスの力を味方に付ける

どうしても変われないというのは、自分の意思が弱いのではないです。
自分の意思が弱いのではなくて、生命の存続のために備わっている現状維持機能の力が強力すぎるからです。
この現状維持=ホメオスタシスの力を、自分のエネルギーに換える方法があったら、使わない手はないです!

人生のスカイダイビング

コーチング理論では、誰もが現状維持という見えない鎖に縛り付けられていると言われています。
その例を、苫米地博士の書籍『立ち読みしなさい!』の中では、以下のように解説されています。

 あなたがスカイダイビングをする時を想像してみましょう。
はじめての人であれば、とてつもない恐怖を感じると思います。
よほど度胸がある人でなければすぐに飛び降りることはできないでしょう。
実はあなたに恐怖を感じさせている張本人がホメオスタシスです。

上空3,000メートルというだけで異常事態なのに、さらにそこから飛び降りようとするのは現状維持の正反対の行為です。
“死”を連想するため、ホメオスタシスがものすごい力で引き止めようとするのです。
そのものすごい力が、”恐怖”です。
恐怖には、とてつもないパワーがあります。まさしく負のパワーです。

そして、ある一つの矛盾が発生します。
夢を叶える最初のステップ「ゴール設定」のゴールとは現状の外側の世界に行こうという意味です。
つまりコンフォートゾーンの外側の世界です。
スカイダイビングも現状の外側の話であれば、ゴール設定をした夢の場所も現状の外側です。
夢は現状の外側にしか存在しません。
コンフォートゾーンから離れた場所であるほど、ホメオスタシスがその力を発揮してあなたを足止めします。
つまりスカイダイビングと同じ心理状況になるということです。
重大な決心であればあるほど、ホメオスタシスがあなたを力強く締まりつけてきます。

【立ち読みしなさい!(苫米地英人)】第3章人生のスカイダイビングより引用

つまり、現状の側のゴールを目指そうと思うと、スカイダイビングをする時に感じるような強い恐怖=ホメオスタシスを感じるのです。
なので、夢を実現しようとすると、強烈な恐怖に襲われるというのは、当然のことだというわけです。

しかし、この強烈な現状維持=恐怖=ホメオスタシスの力を逆に利用できたとしたら、これほど強い味方はいません。
現状つまり、コンフォートゾーンを、自分の行きたい場所に設定してしまうんです。
このコンフォートゾーンを現状の外側に移行させるというのが、コーチングのすべてと言ってもいいかもしれません。
なぜなら、コンフォートゾーンを行きたい場所に移行させることによって、ホメオスタシスという強力な敵を、味方に付けてしまうことができるからです。

コンフォートゾーンを出ようとすると、ホメオスタシスが強烈に働きます。
のコンフォートゾーンを現状の外側に置くことによって、今いる世界からとてつもない力で、現状の外側に引っ張り上げてくれるというわけです。

そんなことができるのかと思われるかもしれませんが、コンフォートゾーンは、移行できます。

  • 独立起業したいのであれば、すでにビジネスをしているグループに入る
  • フェラーリに載りたいのであれば、スマホの待受をフェラーリにする
  • ライバルに勝ちたいのであれば、ライバルに勝っているイメージを想像する

今のイメージのままがんばるのではなく、自分の中に持っている自分のイメージを書き換えてしまうのです。
とにかくゴール側に心身ともにいる時間を1秒でも増やすようにしていると、コンフォートゾーンが移行して、ホメオスタシスの力を味方につけることができます。

ホメオスタシスを味方につけた経験

私がホメオスタシスの力をフルに使って、その力をエネルギーに変えた経験があります。
短期間でTOEICの点数をどうしても上げたくて、朝昼晩、暇があったら単語帳を持ち歩いていました。
単語張を見ていないと気持ちが悪くなるくらい、単語帳を持ち歩いていました。
苫米地博士の『英語を逆から学べ』にもあるように、家に帰ったら英語のアニメを付けて四六時中英語にどっぷり使って、とにかく可能な限り英語に触れる時間を伸ばすようにしました。
family guyという英語のアニメにハマり、シリーズをひたすら見たり、Oxford dictionaryを購入して、単語の意味の説明を読んだり、ジョージ・オーウェルの動物農園を原著で読んだり、NewYorkTimesを読んだりして、英語に触れる機会を増やしました。

結果的に920点を取ることができたのですが、秘訣は、可能な限り英語に触れる機会を増やして、日本語脳を抑えて、英語脳を活性化できたからだと感じています。
短い期間でしたが、英語に触れていないと気が済まないという状態を創り出すことができ、強烈なホメオスタシスを味方に付けれた経験になりました。

ゴール側の臨場感を生成する

独立起業したい、お金持ちになりたいという場合、お金持ちがしているであろう状態に1秒でも身体と頭を置くように心がけてみると良いです。

作業をひたすら続けているだけよりも、10回に1回くらいはゴール側のイメージを構築する作業を取り入れる方が、スピードが早まります。

  • 新しいスキルを身に着けてみる
  • ゴール側の人達がいるグループに行ってみる
  • 書籍を読んでみる
  • 興味のあるセミナーに参加してみる
  • ゴール側の人達がやっていることをやってみる
  • 服装を変えてみる

イメージ作りだけだと、なかなか先に進みません。
でも、ンフォートゾーンをゴール側に移行させるために、上記のような自分のイメージを構築する作業を取り入れてみると、ホメオスタシスの力が、強烈にゴール側に引き上げてくれるようになります!