アファメーションに疲れたら?思考をクリアにし行動に集中させる3つのシミュレーション!【苫米地式コーチング】 | KASAIコーチの公式サイト

アファメーションに疲れたら?思考をクリアにし行動に集中させる3つのシミュレーション!【苫米地式コーチング】

ゴールを設定した。アファメーションをした、いろんな本を読んだ。
だけれども、現状が思ったように変わらない。
なんとなくやる気が出ない。
そういう時にやりたいのが、

  • 最高の結果が出た時
  • 普通の結果が出た時
  • 最悪の結果が出た時

3つをシミュレーションしてみるという方法です。

最悪の結果が出た時のシミュレーション

コーチングでは、最高の結果をシミュレーションするイメージがあります。

しかし、

最悪の結果が出た時も、徹底的にシミュレーション

します。
実は、これはやってみると分かりますが、辛くありません。
むしろ、引っかかっていたのは、これだったのかと感じられて、思考がクリアになります。
どれだけ失敗しても、このくらいにしかならないと、いわば腹をくくることで、余計な不安や心配を消し去る方法です。

  • 会社を辞めて、ホームレスになることになる、友達の家に転がり込むことになる、実家に帰る、生活保護を貰うことになる
  • 事業に失敗して、また転職活動をすることになる
  • 今日は朝の5時まで働くことになる
  • 身内を失うことになる

といったようにです。

最悪の状況をシミュレーションするので、今現在は、それよりもマシな状況です。
今考えているよりも、悪くなることはないだろうなというものを一回シミュレーションしておくと、選んだ選択をしても、最低ラインが分かっているので、どうなるか分からないので不安ということがなくなり、思考がクリアになります。

そして、

  • 最高の結果が出た時
  • 普通の結果が出た時
  • 最悪の結果が出た時

をシミュレーションして、最高の結果を出すべく行動します。
実は、思考がクリアにならない、なんとなく行動が取れないというのは、

最悪の結果が見えていない

ことから、エネルギーを奪われていることが多いことが多いです。
なんとなく不安、なんとなく身動きが取れない時は、最悪の結果を冷静に考えてみると、腹がくくれて、力強く行動が取ることができるようになります。
結果的に、自分が打ち込むべきことに思考が集中し、行動が加速し、最悪の状況になることを防げます。

私が最高・普通・最悪の結果をシミュレーションして行動した経験談

過去に何度か、これ失敗したら路頭に迷う!と思ったことがありました。
この時に、

  • 最高の結果が出た時
  • 普通の結果が出た時
  • 最悪の結果が出た時

の3つをシミュレーションしました。
やはり特に有効だったのが、最悪の結果が出た時のシミュレーションです。

失敗した時のシミュレーションがしっかりできていると、

  • 迷わなく成る
  • 多少の問題が起こっても、冷静に対処できる
  • 他のことがどうでもよくなる
  • 言動が一貫してくる

という効果があります。
そして、結果的に、最悪の結果を免れることができました。

いずれの場合も、思考がクリアになる、行動に集中できるという感覚があります。
最悪の状況を知ってるので、恐れがなくなり、最悪の状況を知ってるので何者にも囚われずに、思考することができるのです。

何者からも束縛されずに全てから自由になる

最悪の結果をシミュレーションすると、きゅーっと無駄な思考が省かれて、思考がある一つのところまで、点のようになって、動き出します。
不安がクリエイビティを発揮して、あぁしたらこうなる、こうしたらあぁなると、ものすごい速度で揺れ動きます。

思考を整理するために、書き出してみてもいいと思います。
そして、最悪の状況はなんなのか、クリアにします。
そして、最高の状況を目指していきます。
これは辛いプロセスというよりも、むしろ楽しいプロセスです。

腹をくくて、思考がクリアになったあなたは、きっと最高の結果を出すことができます!