RASがフルオープンになっているという意識状態!本当に学ぶ姿勢があれば突き抜けられる【苫米地式コーチング】 | KASAIの公式サイト

RASがフルオープンになっているという意識状態!本当に学ぶ姿勢があれば突き抜けられる【苫米地式コーチング】

クリエイティブなアイデアが生まれる時、生産性が高い時というのは、RAS(網様体賦活系)がオープンになっている状態です。
RASは、Reticular Activating Systemというのは、必要な情報にフォーカスするための脳の機能のことです。
成功するかどうかは、このRASがオープンになり、本当に必要な情報をキャッチできるかにかかっています。

一般的に、成功する人というのは、周囲に流されずに、我が道を行く人がいると思われている方もいらっしゃるかもしれません。
成功する人というのは、エフィカシーが高く、周囲にどのようなことを言われても、自分のゴールに向かっていく人たちです。

しかし、一方で、エフィカシーが高い人は、RASがフルオープンになっているという点はとても重要です。
過去・他人は関係ない以上、自分にとって有益な知識を学ぶ姿勢が、状況を一変させてしまうからです。

エフィカシーの高い人は、特定の分野で、ダントツの結果を出すことに脳が働いています。
アウトプットしている時も、インプットしている時も、有益な情報を蓄積していきます。
そのため、すでに先人が方法論を確立していて、自分が後発であっても、先入観に囚われず、本質部分を捉えることができます。
その結果、本にもどこにも書かれていないけど、結果にダイレクトに影響する智慧(ちえ)を獲得することができます。

ハイエフィカシー・フルオープンなRASという意識状態

エフィカシーが高い状態というのは、ゴールの情景、ゴールに到達するためのプロセスがハッキリと見えている状態です。
そして、同時に、完成形に必要なパズルのピースを常に脳が探し出している状態でもあります。

逆にいうと、エフィカシーが高い状態だから、もう学ばなくてて、我が道を行けばいいという意識状態は、学びが止まってスランプに陥る道です。

常に学びの姿勢で、RASをオープンにしておきます。

  • 自分に投げかけられている言葉は、何のサインなのか
  • 自分より上手くやっている人の裏側にあるポイントは何なのか
  • 今の自分のボトルネックになっている部分はなんなのか
  • 目の前の状況を打開するための本質部分は何なのか

と、今の自分をよりよくするためのヒントになりそうなものを探し続けます。
そのヒントは、権威のある人がまとめた本にないかもしれません。
一見詐欺師に見えるような人が、本質を捉えているのかもしれません。
すでに目の前にいる人が投げかけていることに、目の前の課題に取り組むことに、隠されているのかもしれません。

どの知識も役に立ちます。
でも、まずは、限られた知識が、特別有益なものである状態に持っていきます。
あなたの目の前の課題を解決する知識は、どこかの本一冊にまとまっていることはありません。

RASをオープンにして学ぶ意識を持ち続けることによって、自分自身から学べ、自分が目で見た情報から学べ、人から聞いた情報から学べ、学んだ情報がゲシュタルトを作り、本質に近づくことができます。
学んだ知識そのものよりも、どこまで行っても、

学ぶ姿勢を止めない

ことがとても重要です。

私が学ぶ姿勢を止めずにブレイクスルーした体験談

新しい発見がされる時というのは、何かをしている時に、別の情報とリンクする時です。
私の場合、

  • シャワーを浴びながら
  • 移動しながら
  • 仕事しながら

「なんでもできるなぁ」という意識状態の時に、別の新しいことが思いつくことがあります。
恐ろしいことに、

  • 自分は正しい、今のやり方が正しい
  • 忙しい
  • あれをやらなければいけない
  • 負けている

という意識状態では、入ってくる情報が1/10くらいに落ちます。

  • 学ぶ
  • 有益な情報をここから得る
  • 特定のものではなく全部から吸収する
  • 自分はこの特定のジャンルでダントツの成果を出す

という意識状態の時に、物事の本質部分がくっきり浮き上がってきます。
アウトプットしながら、インプットも同時にできます。

特定のものではなく全部から吸収する

突き詰めていくと、有益な情報が目の前にあったことが分かります。
目の前にあっても見えないのは、自分の見方が邪魔しているからです。

  • 切羽詰まっている
  • have toなことをしている
  • 劣等感がある

という意識だと、情報量は1/10以下にカットされてしまいます。

  • 急がず、焦らず
  • 欲求に蓋をせず
  • 他人と比較せず、研究し
  • 自分はこの分野でダントツの結果を出す
  • 特定のものではなく全部から吸収する

と高いエフィカシーを持ち、リラックスして、学ぶ姿勢を維持していると、少しずつ、解決方法が見え始めます。
直感が冴えることが知覚されて、その感覚がエフィカシーを上げていきます。