情報空間で現状の外側に行くだけで10倍加速する | KASAIコーチの公式サイト

情報空間で現状の外側に行くだけで10倍加速する

  • 単調作業で終わってしまう
  • クリエイティビティが働かない
  • アイデアを出すのが苦手
  • 日々の刺激が足りない

新しいことを初めて、しばらくすると、どこかで停滞状態を感じだします。
目標に向かって動き出すと、コツコツ何かを継続する必要があるものの、常にwant toを、刺激を感じ続けるには、コツコツ継続だけではなにか足りないことに気づくはずです。
そう、新しいことを始めたときのようなワクワク感がない状態では、

  • 脳の生産性は落ち
  • 気も出ず
  • 抽象度も上がらず

壁を突破することができません。
同じことを繰り返えすと、時間と引き換えに、アウトプットをしていることになり、現状維持が続いてしまうのがこの世のカラクリです。

じゃあどうするかというと、やはり、苫米地式コーチングでベースとなる概念である現状の外側に解決の糸口があります。

輪ゴムにビー玉を引っ掛けた時に、引っ張る力が強ければ強いほど、ビー玉は遠くまで飛びます。
それと同じように、ゴールも遠く離れたゴールであるほど、現状に不満を創り出し、強烈な力を生み出すことができます。
(逆に、現状の内側にゴールを設定すると、スコトーマが強くなって、思考停止状態に陥ってしまいます。)

たとえ、作業が単調なものであった場合でも現状の外側にゴールを設定することは、重要な概念です。

  • 作業⇒無意識化
  • ゴール⇒意識的に日々現状の外側に更新

という形で、作業が単純なものであれば無意識下してしまい、ゴールを意識的に現状の外側に更新し続けるのです。
そうすると、単調な仕事であっても、ゴールは更新し続けられるので、単調な仕事にも新たなやり方が生まれてきます。
多くの方は、ゴールは固定化して、手段であるテクニックに手を加えようとしますが、コーチング的には、

  • 毎日その場で思いついたゴールから逆算して当日の作業に落とす
  • アファメーションを唱えてゴールをビジュアライズする
  • 情報を足してゴールを精緻化する

というようにゴール側を日々更新し続けるんです。
ゴールは同じでもいいし、変わってもいい。
コーチング的にはゴールが先、方法は後が鉄則で、ゴールを精密化させることが、脳をフル稼働させるコツです。

そして、このゴールの更新の中で、重要な作業が、現状の外側にゴールを飛ばすことです。
ゴールを精密化して、invent on the wayで無意識を働かせていくと、自然とゴールに近づいていきます。
すると必然的に、現状の外側だったゴールが、すでに想定内のできごとになってきます。
そう感じた瞬間に、脳は手を抜き始めて、急速に力がなくなってきます。
そこで、目標としていたことができそうだなと感じだしたら、すぐに、現状の外側にゴールを設定し直します。

  • バランスホイールで足りてないものを追加する(趣味など)
  • 向かっている方向で異次元の世界を目指す
  • 環境を完全に変える

特に強烈なのは、環境を完全に変えるというものです。
たとえば、

  • ロサンゼルスに行って、英会話学校を経営して、ロックバンドを組んで日本にライブ配信する
  • 中南米に行って、輸入ビジネスをしながら、カポエイラの動画配信をする
  • ローンでFerrariを購入して、定期的にツーリングに参加する

などなどです。
何が強烈かというと、物理的な移動や生活習慣を変えるので、とてもめんどうくさいんです。
引っ越ししたりすると、手続きや片付けも含めて完全にペースを取り戻すのに、1〜2週間以上はかかると思います。
海外移住になると、1ヶ月以上かかるはずです。

でも、ロサンゼルスでどうしてもロックバンドを組みたいとか、南米でとにかくカポエイラをマスターしたいとかいう想いがあれば、やってみるんです。
逆にいうと、止められてもどうしてもやりたいことでなければ、真のwant to とは言えません。
そういう意味でも、環境を完全に変えることを思い描くことによって、逆に真のwant to を見つけることもできるんです。

環境を一気に変えるわけですから、たとえばロサンゼルスに住もうと思ったら、

  • 家賃はどのくらい?
  • 治安とかネットは?
  • お金はどうやって稼ぐの?
  • 食事とか大丈夫?
  • 日本人っているんだっけ?
  • 海外輸送とかどのくらいかかるの?
  • ロックバンドってどうやって探すの?

などなど調べだして、めちゃめちゃやりたいことを具体化しだします。

まさに強制的にビジュアライズをすることになります。
こうして調べて、イメージした情景がたまらないくらいワクワクするなら、ぜひやってみましょう。

このように現状の外側のゴールを設定することが、

  • want to を見つけることに役に立ったり
  • 現状の外側のゴールを達成するために、無意識が高速で動いたり

するので、このカラクリを使わない手はありません。
何か停滞してるな、マンネリ感があるなと感じたら、

  • バランスホイールで足りてないものを追加する(趣味など)
  • 向かっている方向で異次元の世界を目指す
  • 環境を完全に変える

といった視点で、ゴールの位置を現状の外側にずらしてみましょう。
現状の外側のゴールを設定することで、無意識が重心を取ろうとして、コンフォートゾーンも移行します。
頭の中では常に現状の外側のゴールを更新し続けて、破壊と創造を繰り返すことが、ブレイクスルーのポイントです!