【秘術】クロサイを1.2倍ずつ上げて最強の味方を付ける | KASAIコーチの公式サイト

【秘術】クロサイを1.2倍ずつ上げて最強の味方を付ける

大企業の社長や有名人、スポーツ選手に共通するのは、エフィカシーがとても高いことです。
エフィカシーとは、自分の能力に対する自己評価です。

つまり、自信です。

自信が持てないと、せっかくゴールを設定しても、諦めてしまいます。
自信がないと行動ができずに、現状に縛り付けられてしまいます。
失敗すると落ち込んで、身動きが取れません。

しかし、逆に自信さえあれば、人に何を言われても、目の前の障害を押しのけて、どんどん進んでいくことができます。

「そんなことは分かっているけど、その自信を持つのが難しいんだよ」

と思われている方も多いと思います。
ですが、ステップバイステップで自信を持っていくための科学的方法があるので紹介していきます!

そもそもなぜ自信を持つことが重要なのか

目の前に素晴らしい結果を残してきた自信満々の社長がいたとします。
受け答えもハキハキして、とても自信満々な人を見ると、これまでやってきたことが根拠になって、自信に繋がったと思うと思います。
しかしながら、本当は自信が先で、結果が後なんです。

高いエフィカシーがあれば、後から素晴らしい結果がついてくるというわけです。
勇気のある行動を起こせない場合、

時間がない、お金がない、知識がない

様々な言い訳が思い浮かびますが、実は自信がないからなんです。
高いエフィカシーを持つことができれば、ゴールは達成できます。
時間やお金、知識以上に、ゴールを達成するのに必要なのは、自信です。

そして、自信とは、自分の能力の自己評価で決まります。
自己評価とは、自分で自分のことをどう思っているかということなので、自分で変えることができます。
自分で自信を持つためには、自分で自分の評価を上げればいいんです。

確実に変わるための3つのステップ

苫米地博士の書籍「立ち読みしなさい!」の第5章の自信を持つ方法で説明されているエフィカシーを上げるための3つのステップは以下です。

  1. ネガティブマインドを排除する
  2. 小さなことから変える
  3. ホメオスタシスを味方に付ける

順を追って説明します。

ステップ①:ネガティブマインドを排除する

ネガティブなマインド、過去にとらわれる思考がやる気を削ぎ落として、徐々に自信を失わせてしまいます。
特に、過去にとらわれるのをやめて、現在の行動に意識を向けます。

ステップ②:小さなことから変える

コーチングを学ばれている方の中には、現状の外側ということで、行動も大胆にしないといけないと思われている方もいらっしゃるかもしれません。
しかしながら、我々には、現状維持という見えない鎖=ホメオスタシスの力があり、とてつもない力で押さえつけようとしてきます。
いきなり全力で走ろうとすると、ホメオスタスの強烈な力で現状に引き戻されてしまいます。

なので、小さなことから始めます。
スモールウィン(小さな勝利)を重ねて行きます。

呼吸に意識を向けて、リラックスしてみるだけでもいいです。
ちょっと明るい気分になってにっこりとしてみるだけでもOKです。
仕事のスピードを1.2倍ずつ上げていくのも効果的です。
いきなり2倍にしようとすると、強力なホメオスタシスの力で、しっぺ返しを食らってしまいます。

この小さなことを始めるというのがとても大事です。

いきなりやると、ホメオスタシスの力が強烈に働くので、少しずつ少しずつ、現状維持に縛り付ける門番に気づかれないように、1.2倍ずつ少しずつ取り組んでいってください。
ホメオスタシスの力に意志の力で真っ向勝負を挑むのは、科学的に反した方法です。
やる気が出ない時に、いきなりやる気を出そうと思ってもすぐに現状維持に引き戻す門番に、しっぺ返しを食らってしまいます。
なので、現状維持に引き戻す門番に気付かれないようにこっそりやります。

そして現状維持に引き戻す門番に気づかれないように、少しずつコンフォートゾーンをゴール側に移行させていきます。
どうしてもやらないといけないことがあったら、1.2倍ずつ1.2倍ずつ少しずつ速度を上げて、呼吸に意識を向けて、集中力を高めていきます。
いきなりどんと上げてはいけません、現状維持に引き戻す門番が感づいてもとに戻してしまいます。

気を緩めてはいけません、どのように気を緩めないかというと、

現状維持に引き戻す門番には勝てない

と観念した方がいいです。
意志の力でなんとかしようとすると、

  • がんばる
  • 現状維持の強烈な力で現状に戻される
  • 自分には能力がないと凹む=エフィカシーが下がる

の負のスパイラルに陥ってしまいます。
1倍だと現状維持です。
2倍だと現状維持に戻ります。
1.2倍より上になってはいけないです。
1.2倍よりもがんばると、現状維持に引き戻す門番に気づかれてしまいます。

ステップ③:ホメオスタシスを味方に付ける

スモールウィンを重ねましょう。
小さな成功です。
小さな成功を繰り返していくとどうなるか、

なんと、どうあがいても勝てなかった現状維持という超強力な宿敵が、今度は自分の味方になってくれるんです。
1.2倍→1.2倍→1.2倍
と繰り返していきます。
毎日毎日歯を磨いていると、歯を磨いていないと気持ちが悪いというのと同じです。
もし、なにか壁にぶつかって、現状に戻ってしまったら、再度1.2倍→1.2倍→1.2倍で加速させていきましょう。

  • 呼吸に意識をむけてリラックスします
  • 息をふーっと吐いて、体全体で少しずつ空気を吸い込むようにゆっくり吸います

そして、1.2倍ずつクロサイ(クロックサイクル)を上げていきます。

  • いきなりがんばろうとしてたら、ちょっと抑える(現状維持の門番に反応されないようにする)
  • 失敗したり、気づかないうちに現状に戻っていたら、1.2倍ずつクロサイを上げる

現状維持に引き戻す門番に細心の注意を払いながら、宿敵である現状維持に引き戻す門番を味方に付けていきましょう。
こうして、現状維持に引き戻す門番を味方に付けると、自然と自信が身に付きます。
いつでも自信が持てるんだと思うとさらに自信を身につけることができます。
自信が付き、エフィカシーが高い状態になれば、あとは、ホメオスタシスの力、自動的にゴール側に導いて行ってくれます。

クロサイを1.2倍で乗り切った話

私は、このクロサイ(クロックサイクル)を1.2倍ずつ上げて、コンフォートゾーンを移行させるという裏技は非常に使えます。
会社員時代に、仕事でかなり疲れて帰ってきた時に、ホテルのラウンジなど落ち着く場所に行って、以下サイクルを意識上で繰り返して、少しずつ集中して、自分のビジネスを立ち上げたことがあります。

  1. 呼吸に意識を向ける
  2. 自分は超一流のクリエイターだとイメージする
  3. ちょっとずつ作業に取り組む

夜の10時、11時になって、身体的に疲れていたかと思っても、1.2倍→1.2倍ずつイメージ、クロックサイクルを上げる、呼吸に意識を向けるというようにやっていくと、全然疲れてないというかむしろ楽しくなってくることに気づきました。
そうして作り上げたものがこれまで数千万円の売上を上げているので、小さな積み重ねはめちゃめちゃ重要だと思います。

元々スモールウィンという概念は知っていたのですが、

  • 急激に行動する
  • 現状維持に縛り付ける強力なホメオスタシスの力が働く
  • もとに戻る

ということを知り、ホメオスタシスの強力な力を目覚めさせないようにしながら、こっそりとコンフォートゾーンを移行させるところまでは分かっていませんでした。
とにかく、

現状維持に縛り付ける強力なホメオスタシスには逆らわないことです。

太鼓の昔からの生命現象なので、絶対勝てません。
無駄な努力になるので勝とうと思わないようにして、科学的方法で攻めましょう。
見えない強烈な力で現状に引き戻されるだけです。
1.2倍ずつ、1.2倍ずつ少しずつクロサイ(クロックサイクル)を上げていきます。
そして、現状に戻ったなと思ったら再度、1.2倍ずつクロサイ(クロックサイクル)を上げていきます。

エフィカシーを上げるためにやりたいこと

とにかく、何か一つ手に入れるなら、自信です。
自信一つで、なんでも壁を突破していくことができます。
しかもこの自信を持つための方法論が、苫米地博士から科学的に提供されているので、これはやらない手はありません。
いきなり自信を持とうと思っても、なかなか掴みどころがない話かもしれませんが、本当にこの

  1. ネガティブマインドを排除する
  2. 小さなことから変える
  3. ホメオスタシスを味方に付ける

という3ステップです。
特に重要なのは、

絶対に、現状維持に引き戻すホメオスタシスの力には歯向かおうとしてはいけない

というところです。
歯向かうというのは、いきなり現状を変えようということです。
いきなり現状を変えようとすると、急激に現状に引き戻されます。
そうではなくて、1.2倍、1.2倍と少しずつ変化させて、コンフォートゾーンを移行して、現状維持に引き戻す門番を味方につけるのです。
前に戻ったら、また1.2倍、1.2倍と少しずつコンフォートゾーンを移行させます。
この繰り返しです。