あなたが知ったことではないことを徹底的に排除する | KASAIの公式サイト

あなたが知ったことではないことを徹底的に排除する

他人から嫌なことを言われた時に、気分を悪くすることはないでしょうか?
でも、あなたのことを四六時中考えている人は、あなた以外にありません。
もし誰かから何か嫌なことを言われても、

  • 相手がたまたま機嫌が悪かっただけ
  • 機嫌が悪い人の目の前に、あなたがいただけ

だというだけです。
理不尽なことを言われたとしても、自分のことを四六時中考えていることは自分だけです。
なので、嫌なことを言われて、トラウマになったり、ショックを受けているとしたら、とてももったいないです。
たまたま機嫌の悪い人の目の前に、あなたがいただけなんです。

集中力を10倍高める方法

身体や感情について観察してみると、
  • 身体的な欲求⇒休息したい、ご飯を食べたいといった欲求
  • 感情的な欲求⇒気分を落ち込ませようとしたり、お金を欲しがったりする欲求、人に相談したい
といった感じで、何かしらの動きを持っています。
こうした動きを意思の力で制御しようとするのはとてもつらいというか、無理です。
「眠たい」に対して、同じ抽象度で「眠たくない」という意思をぶつけても、そこまで効果がなかったりします。
こうしたどうしようもない欲求が出てくるのは、実は自分以外の仕事をしようとしているからです。
自分以外の仕事というのは、
  • 他の人の機嫌の悪さを背負い込んでしまう
  • 他人から感謝してほしいと思う
  • 人の噂や活躍が気になってしまう

といったようなことです。

何か自分が価値のあることを提供したと確信できていたら、その結果がどうであれ誰かから感謝されたり、反応を求める癖は止めましょう。
本当に価値のあるものを提供できたかは、自分が一番よく分かっているからです。
そうやって内側にある感覚を磨いていきましょう。
結果を気にする癖が付くと、結果が良い時は調子がよくても、結果が悪くなると調子が悪くなってしまいます。
だいたい、結果が悪い時にチャンスが来るものなので、いつもエネルギーに満ち溢れている状態にするには、むしろ結果がよくても悪くても楽しめるようでないといけません。
そのためには、結果よりも、提供した価値そのものに確信を持つことが重要です。

他人の噂話や、成功話に興味を持つのも止めましょう。
人がそういう他人の噂話や成功話をしている時は、聞き流しておけばいいです。
目の前にいる人との関係性、今の自分の仕事を隅から隅まで徹底的に、神業のごとく仕上げましょう。
膨大に時間をかけるということではなく、時間の許す限り、完璧に仕上げるつもりでやっていくと、次の大きな仕事が回ってきます。

こうやって、あなたが知ったことではないことを取り除いて、あなたが必要なことにだけ注力するようにします。
物理的な仕事だけではなく、頭の中から余計な思考パターンを排除して、自分の仕事だけに取り組むようにしましょう。

そうすると、意に反して、身体や感情が動くといったことがなくなり、手懐けることができます。
自分の身体も、感情も、自分が主人となってコントロールしていくようでなければいけません。
そのためには、物理的にも、精神的にも、無断なものを徹底的に排除していきましょう。

私が無駄を排除して集中力を10倍高めた経験談

事業を始めだして、少し時間に余裕が出てきた時に、

  • 携帯サイトの立ち上げ
  • 不動産投資
  • スポーツビジネスの企画

といろんな案件にちょっとずつ時間を取られていた時期がありました。
今から考えると、ふわふわした案件で手を出さないほうが良かったのかもしれませんが、やってみないと分からないということで、3日ずつくらいかけて、一つずつ案件を潰していきました。

細切れで時間を取られてしまうよりも、一つずつ決着を付けてしまった方が、精神的にも良いと考えたからです。
案件が片付いたことによって、結果的に本業にかけられる時間が、ぐっと増えて、集中力も生産性も何倍にも上がりました。

自分のゴールにすべてをぶら下げる

他人の声が気になったり、身体がだるくなったり、感情に振り回されてしまうのは、現状の外側のゴールがないためです。

ただ、現状の外側のゴールは、今の目の前の仕事を徹底的に完璧に仕上げることで見えてきます。
今の仕事を完璧にこなせない内は、次の大きな仕事をできる準備が整っていないということだからです。
今の仕事を完璧にこなすためにも、あなたが知ったことではない他人の噂話や、他人の機嫌の悪さといったものを徹底的に排除して、自分の取り組むべきものだけに100%エネルギーを注ぎましょう。