アファメーションは現在形・・・だけでは足りない!情報場を活かす方法 | KASAIコーチの公式サイト

アファメーションは現在形・・・だけでは足りない!情報場を活かす方法

アファメーションに未来系は一切いらない。
良いことはすでに起こっている。

苫米地博士の名言カレンダーより

アファメーションという非常に、シンプルなテクニックなんですが、
とっても重要なポイントが、「アファメーションは現在形」というもの。

すでに起こっていると感じるのがとても大切です。

我を無くす

しかし、「じゃあ○○になって欲しいというのは止めて、○○になっているとしよう」と考えて、
「年収10億円になっている」というアファメーション、セルフトークを行うと、あまり上手くいきません。
エゴをより強くしてしまうからです。

中には商才があって、お金のイメージをひたすらして、金を稼ぐことだけがとにかく上手いということで金銭的に成功する人もいるのですが、上手く行かなかった時に破滅的になってしまうので、

  • 金銭的な成功
  • 幸せ

は両面で攻めていくべきです。
ある時期、ファイナンス活動だけじゃんじゃんやるのも悪くないのかもしれませんが、それよりも、

  • 20代はこのくらい
  • 30代はこのくらい
  • 40代はこのくらい
  • 50代はこのくらい
  • 60代はこのくらい

と10年区切りで、ざっくりと計画を立てたら、あとはその計画に沿って、我を捨てて、日々勝負の精神で挑んでいく方が迷いがなくなり、幸せも金銭的な成功も得られると思います。

この際に、

  • 我を捨てて利他的になること
  • 日々勝負の精神で挑んでいくこと

この2つが、矛盾して、折り合いが付かないという方が結構いらっしゃいます。
しかしながら、私は、勝負は否定してはいけないと思います。
勝負を否定すると、単に怠けて、何の進歩も得られないからです。
勝負だけ、利他主義だけどちらに傾きすぎても駄目です。
勝負だけが向かう先は核戦争で自滅の道。
利他主義だけでは、進歩も何もなく死んでるのと同じ。

勝負に勝っていけば、器も大きくなりますし、人を助けることもできます。
ただ、勝負に勝つ目的が、利己的なものであってはいけないということだけです。
利己的であっても、お金は稼げてしまう方もいるのですが、今はそういう時代ではないです。

それよりも、利他的な志を立てて、勝負はきっちり勝つという方が気持ちの整理が付きます。
ここで言う勝負は、1日単位です。
会社に行けば、毎日が勝負の連続です。
その勝負に勝たないことには、自分も人も助けることはできないんです。

情報場の使い方

苫米地博士は、情報場から、お釈迦様や空海からエネルギーを借りているとおっしゃっています。
ちょっとオカルトチックに聴こえるかもしれませんが、こうしたエネルギーは、実在します。
気とも言えるのですが、簡単に、偉大な先人から、力を得る方法があります。

ポイントは2点です。

一つは、専念すること。
回ってきた仕事はどんなものであれ専念することです。
回ってくる仕事というのは、無駄なものは何もなく、自分を器を大きくするための最強の訓練なのです。

そして、もう一つが信じるということです。
偉大な先人の力を、臨場感を持って感じることです。
ここがとても難しいかもしれませんが、バカな方が成功するのは、信じれるからです。
気も信じてないと絶対出ません。
コーチングも、実際には、とんでもないエネルギーの供給があるのですが、信じてないとエネルギーをもらうことができません。

実際に情報場には、偉大な先人と繋がるルートがたくさんあり、情報場の存在、偉大な先人の存在を信じることで、仕事や金銭面、身体的な変換を感じることができます。

勝負に勝つ

10年スパンのざっくりした目標に対して、あなたがやることは、すべての局面に対して、勝負の意識で挑むことです。
どうでもいいことに対しては、ぜんぜん負けてもいいわけです。
むしろどうでもいいことは捨てる。絞り込みが重要です。
何で自分は勝つべきか。
負けてはいけない勝負はなにか。
1日の中でも、絞り込めば、負けてはいけないポイントが見えてくるはずです。

力の抜きどころ、勝ちどころに対する直感を磨いていきましょう。